石油系界面活性剤の含まれるクレンジングは危険?気になる効果と問題点

界面活性剤と言うのは、名前から分かる通り、界面を活性させる成分です。

 

界面とは境目のことで、混ざり合わない成分だと普通なら界面によって分断されてしまいます。

 

その境目を活性させて混ざり合わせることが出来るのが、界面活性剤なんですね。

 

界面活性剤というと、身体に良くない危険な成分というイメージがあると思います。しかし、界面活性剤は自然界にもあるもので、食品にも含まれています。

 

ただし、すべての界面活性剤が危険ではない、という訳ではありません。もちろん、自然界にあるものや、食品に入っているものは身体に害がない程度の強さです。

 

でも、石油系界面活性剤となると話は全く違います。石油系界面活性剤は、安全な界面活性剤よりも強力に、水と油が混ざった状態を保たせるものです。

 

石油から出来ているものですから、当然身体にはよくありません。しかし、石油系界面活性剤は油分と相性が良いので、水分と分離させないように化粧品に多く含まれています。

 

また、石油系界面活性剤は泡立ちを良くする働きがあるので、洗顔料にも使われています。

 

化学の世界では、石油系界面活性剤は、タンパク質を破壊することに使われています。
つまり、それだけダメージの大きいものを肌に使っているということなんですね。

 

化粧品などは洗浄を目的としていないので、あまり濃度は高くありませんが、洗顔料は洗浄を目的としているので、石油系界面活性剤の濃度が高くなっています。

 

石油系界面活性剤を使って顔を洗うということは、日々タンパク質を破壊しているということ。これが一番大きな問題点と言えるでしょう。

 

えっ!手抜きなのに絶対に失敗しないクレンジングって?


 


もうメイク落としで悩むのはやめにしてください。


コスパ抜群で最強のクレンジングをお探しのあなたへ…


→私のメイク落としが3分になった秘訣とは?