間違いだらけのクレンジング。肌質に合わせた本当の選び方とは?

クレンジングを選ぶ時は、どちらかというと手軽さやメイクの落ちやすさなどを基準にしてしまう方が多いもの。

 

クレンジングはスキンケアのプロローグであり、その後に洗顔をして、基礎化粧品でしっかりケアするのですから、落としやすければそれでいいと思ってしまいます。

 

しかし、基礎化粧品が肌に合う合わないというのがあるように、クレンジングも肌質にあったものを使うのが理想です。

 

肌質に合っていないと、肌に負担をかけてしまい、肌トラブルや肌の老化を引き起こすことがあるんです。

 

乾燥肌や敏感肌の方の場合には、クレンジングによって摩擦があったり、皮脂を落とし過ぎていることがあります。ですから乾燥肌の方は、肌に摩擦を起こさず優しくメイクが落とせるクリームタイプやミルクタイプにしましょう。油分の量が多いものは肌に負担を与えるので、オイルタイプは絶対に止めてください。

 

オイリー肌の方は、メイクの濃さによってクレンジングを変えましょう。濃いメイクの時はオイルタイプがいいですが、ナチュラルメイクならジェルやローションタイプにしてください。皮脂を取りすぎると、逆に皮脂分泌が盛んになるので、オイリー肌の人はクレンジングの使い分けが重要になります。

 

混合肌の方の場合は、出来ればパーツごとにクレンジングを変えるのが理想です。Tゾーンはオイルタイプ、乾燥している部分はミルクタイプというのが理想ですが、それでは面倒ですよね。

 

ですから、混合肌の方もメイクの濃さで、オイルタイプとミルクタイプを使い分けましょう。出来るだけ手早くメイクを落として、脂っぽい部分だけダブル洗顔をするのがお薦めです。

 

えっ!手抜きなのに絶対に失敗しないクレンジングって?


 


もうメイク落としで悩むのはやめにしてください。


コスパ抜群で最強のクレンジングをお探しのあなたへ…


→私のメイク落としが3分になった秘訣とは?