角質を守れ!乾燥肌のためのうるおい保湿洗顔方法とは?

洗顔料と言うのは、市販のものは界面活性剤が洗浄成分なので、どうしても洗浄力が強くなっています。

 

洗浄力が強いと、肌の表面の汚れだけじゃなく、肌を保護している皮脂や角質まで落としてしまいます。

 

すると、まだ抵抗力がない新しい角質層が表皮に出てきてしまいます。

 

角質は本来ターンオーバーによって自然に剥がれ落ちるのですが、それを無理に落としてしまうとターンオーバーが狂います。そうなると、さらに乾燥肌を進行させてしまうことになるんです。

 

昼間に汗をかいたり、汚れが付着しているお肌なら問題ありません。でも、朝の洗顔と言うのは、寝ている間に分泌された皮脂や多少のホコリしか落とす必要がありません。ですから、乾燥肌の人は、朝と夜の洗顔方法は変えましょう。

 

朝は洗顔料は使わなくても大丈夫なので、人肌ぐらいのぬるま湯で洗いましょう。水だと油分が落ちませんし、熱いお湯だと皮脂を落としすぎてしまいます。36°ぐらいに温度設定をして、冷たくなく熱くない程度のぬるま湯で優しく汚れを落とすように洗ってください。

 

夜の洗顔は、汚れや余分な皮脂をしっかり落としてあげなくてはいけません。ですから、弾力のあるたっぷりの泡でこすらないように洗います。ただし、時間をかけて洗うと、やはり皮脂を落としすぎるので、短時間で済ませましょう。

 

フェイスラインや小鼻のワキまでしっかり洗い流したら、すぐに保湿をして肌を守ってあげてください。洗顔後から肌の水分は蒸発していくので、洗顔後のスキンケアは時間をおかないことが乾燥肌にはとても大切なことなんです。

 

えっ!手抜きなのに絶対に失敗しないクレンジングって?


 


もうメイク落としで悩むのはやめにしてください。


コスパ抜群で最強のクレンジングをお探しのあなたへ…


→私のメイク落としが3分になった秘訣とは?