クレンジング間違えてない?お肌年齢にぴったりのクレンジングの選び方。

スキンケア商品は年齢によって変えているのに、クレンジングを選ぶ時には年齢を考えないという方は意外に多いもの。

 

でも、クレンジングと一口に言っても、クレンジングに含まれる成分はメーカーや種類によって違います。

 

スキンケアと同じ感覚で、年齢によってクレンジングを変えるのも大事なことなんです。

 

20代は、皮脂分泌が盛んに行われている年代です。ですから、20代は洗い上がりがしっとりするタイプのクレンジングではなく、さっぱりタイプがお薦めです。

 

ある程度皮脂でお肌を守れるので、コットンなどでしっかり拭き取れるものがいいでしょう。その後、界面活性剤などが入っていない、天然由来の成分で出来ている洗顔料で洗うと、メイク汚れだけを落とすことが出来ます。

 

30代になると、古い角質や毛穴の黒ずみが気になるので、ピーリングタイプのクレンジングを使う方が多いようです。しかし、30代は角質を摂りすぎてしまうと皮脂分泌量が変わってしまうので、肌に負担をかけないウォータークレンジングがお薦めです。

 

メイク汚れの落ちが気になる、と言う場合には、蒸しタオルで1回毛穴を開かせて、メイクが落ちやすい状態にしてからクレンジングをしましょう。

 

40代から50代は、皮脂分泌が減ってくるので、普通のクレンジングではメイクが落としにくくなっています。ですから、40代以上の方は蒸しタオルでしっかりメイクを落としやすくしたら、オイルクレンジングでメイクを落としてください。

 

ただし、このあとでダブル洗顔をしてしまうと乾燥肌になってしまうので、クレンジング後にもう一回蒸しタオルで拭き取りましょう。

 

えっ!手抜きなのに絶対に失敗しないクレンジングって?


 


もうメイク落としで悩むのはやめにしてください。


コスパ抜群で最強のクレンジングをお探しのあなたへ…


→私のメイク落としが3分になった秘訣とは?