あなたはお水派?お湯派?素肌美人の洗顔水温とは?

洗顔の時に使う水の温度は、季節に合わせて変えているという方が多いのではないでしょうか。

 

春や夏は冷たいお水で、秋や冬は温かいお湯で洗うと気持ちがいいものです。

 

でも、実は洗顔をする時は、1年を通して一定の温度で洗うことが大事なんです。

 

温かいお湯は、油汚れが付いた食器を洗うと分かるように、強力に油を落とします。皮脂と言うのは、油ほど強力ではないので、40°ぐらいのお湯でもすべて落ちてしまいます。

 

すると、皮膚の乾燥を招いたり、皮脂分泌が過剰になるという症状が起きます。逆に、冷たい水は、余分な皮脂汚れを落とすことが出来ません。

 

しかも、毛穴が引き締まってしまうこともあるので、毛穴に汚れが詰まってしまう原因になってしまいます。ですから、冷たい水というのも洗顔には適していません。つまり、温かいお湯も、冷たい水も、どちらも洗顔時に適した水温とは言えないんですね。

 

肌を被っている皮脂膜は、32°ぐらいの温度で溶け始めます。ですから、洗顔をする時には人肌の温度が一番汚れを落としやすく、残さなくてはいけない皮脂を残すことが出来ます。

 

人肌ぐらいの温度なら、肌にダメージを与えることもなく、表面に残っている皮脂汚れを落とせます。毛穴が引き締まることもなく、逆に開きすぎることもないので、ちょうど汚れが落としやすい状態になります。

 

人肌の温度というのは、大体35°から37°ぐらいなので、間の36°がもっとも洗顔に適した水温と言えますね。

 

 

えっ!手抜きなのに絶対に失敗しないクレンジングって?


 


もうメイク落としで悩むのはやめにしてください。


コスパ抜群で最強のクレンジングをお探しのあなたへ…


→私のメイク落としが3分になった秘訣とは?